微小物質ダイナミクス講座(大学院専任)


教授 芦田昌明、宮坂 博
准教授 永井正也、伊都将司
助教 蓑輪陽介、五月女光

 微小物質コヒーレンス(実験)グループ(芦田、永井、蓑輪) 【芦田研究室】

半導体、絶縁体、金属などの微小構造物質(低次元系やナノ構造物質)の電子 励起状態、フォノン、スピンのダイナミクスやコヒーレンスを、光と物質の相 互作用の観点で、時間分解分光、非線系レーザー分光、コヒーレント分光、単 一微粒子の走査型近接場顕微分光を用いた新しい分光法を通じて実験的に明らかにするとともに、それらの物質を用いた新しい光機能性材料を創成する研究 を行っています。また、光励起によって発生する原子過程を制御・組織化して 新規な高次機能構造・表面構造を創製する基礎研究を行っています。

 構造揺らぎダイナミクス(実験)グループ
(宮坂、伊都、五月女) 【宮坂研究室】


媒体の揺らぎと溶液や生体系における化学反応挙動との相関を分子論的に解明することをめざして、化学溶媒和、エネルギー緩和、電子移動、光解離、フォトクロミズム、光電導高分子、光レジスト分子系などを対象に、超高速レーザー分光手法を用いた凝縮系の光化学・光物理過程に関する基礎的研究を行っています。また、このような研究に必要な3次元3パルスフォトンエコー測定システムのようなレーザー分光装置の開発、時間分解顕微分光を用いたメゾスコピック反応場のダイナミクスと物質プロセッシングの研究も重要なテーマです。